治療について

治療の流れ

治療

お口の中全体を診て治療していきます。最も効果的な治療は何か、どれを優先すべきか、どうしたら治療期間中不便なく生活いただけるかなどベストな方法を考えます。

  1. 主訴の解決
    初診時には一番困っている状態(痛みや歯肉の腫れ、噛めないことなど)をある程度改善するようにします。
  2. 口腔内診査
    次に、口腔内全体の診査、レントゲン診査、むし歯・歯周病・噛み合わせなどの診査を行い、全身状態も詳しくお聞きします。尚当院では、患者さまの唾液やむし歯菌、歯周病原菌の状態を治療計画に反映させるため、唾液検査や歯周病抗体価検査を行っています。
  3.  診断、治療計画の作成・提示
    検査にもとづいて診断を行い、治療計画を作成します。それを患者さまにご説明し、合意を得た上で治療を行います。
  4. 基本治療
    基本となる大切な治療です。歯周治療、むし歯治療、根管治療を行い、咬合関係も異常のない状態にします。
  5. 修復処置
    小さな充填処置から冠、ブリッジ、有床義歯、インプラント修復、全顎に渡る補綴まで様々な修復があります。
  6. メインテナンス(定期健診)
    メインテナンスでは定期的に口腔内に問題がないかチェックし、必要な場合には調整していきます。PTC(プロフェッショナルティースクリーニング)で患者さま自身では除去が難しいバイオフィルム(細菌の層状になった塊)をはがしてしていきます。メインテナンスによって長期的に安定した状態に保つことができます。

治療計画の立案と説明

検査の内容と診断結果をご説明しながら計画を立て、治療を進めていきます。
計画では患者さまの希望を伺いながら、治療の内容、順序、期間、治療後の見通し、費用等を提示します。
これらの説明をカウンセリングといいます。

治療計画表

このような図に記入しながら説明していきます。
説明の控えやイラスト、お見積もお渡しています。

基本治療

基本治療は痛みや噛めないなどの主訴が解決した後に行う処置で、歯周病やむし歯の原因の除去を目的としています。また上下顎の噛み合わせの関係が適切でない場合に調整し観察する期間でもあります。

基本治療の内容

  1. 歯の周囲からのプラーク除去
    これは主に家庭や職場で歯ブラシなどを使って患者さま自身が行います。 日頃の歯磨きなどのお手入れ方法を歯科衛生士がサポートします。また患者さまに最適な歯ブラシなどの器具の提案をします。
  2. 歯ブラシで除去できない歯石などの除去
    これは診療室で専用の器具(キュレットスケーラー、超音波スケーラーなど)を使って行います。
  3. 噛み合わせの作成
    通常の食事ができるように、見た目にもあまり困らないように仮歯などを作ります。
  4. むし歯の除去
    むし歯になった歯質中には細菌が存在します。細菌を除去するとともに、歯髄の保護を行います。
  5. 根管内の細菌の除去(歯内療法)
    感染してしまった歯髄腔の中の汚染物質を除去し、歯髄腔を閉鎖します。
  6. 歯周治療、むし歯治療、根管治療を行いながら、正しい噛み合わせの関係になるように観察・調整して行きます。
  7. 歯列不正があり矯正治療を必要とする場合、通常は基本治療が終わってから矯正治療を行います。

CTが変えた歯科治療

今までのX線写真は二次元的な平面での診断でしたが、歯科用CTでは三次元の立体画像からより多くの情報が得られます。以下にあげる治療において大きな役割をはたしています。

インプラント治療

インプラントを埋入する前の骨の形態(厚み・高さ)や質、上顎洞の軟組織の状態などが正確に判断できます。 またシミュレーションソフトを使用し的確な治療計画を立てることは、治療の安全性を高めます。

智歯(親知らず)の抜歯

親知らずの抜歯では、歯根と周囲組織の関係を立体的に把握することができます。太い血管や神経を傷つけてしまう可能性や、周囲の炎症の程度、病変の位置を考慮して治療を行うことができ、最小限の外科処置が可能になります。

歯周治療

歯周病は、細菌感染による骨の破壊吸収が起きます。歯科用CT画像では骨の吸収の程度を立体的に観察し診断することができるため、非常に精度の高い治療方法の選択、将来の見通しが可能となります。

お口の中の定期健診などの際にも応用し、変化を観察することができます。

根管(歯のなかの)治療

歯科用CT画像の正確な診断によって、今まで難しかった根の先端病変の治療が可能となります。病変の位置や大きさ、歯根の分枝や曲がり具合、治療後の状態などの判断ができるからです。

m3-2.jpg

m5-1.jpg

歯周病について

歯周病は歯肉の炎症(腫脹、出血、疼痛、発熱など)と、歯を支えている歯槽骨が減少していく病気です。
歯周病の原因である細菌の塊(歯垢、デンタルプラーク、バイオフィルム)と歯垢が石灰化して硬くなった歯石を除去して、体の治癒力によって健康な状態へと回復させていきます。

歯肉の退縮をともなった歯周炎の治療例

歯周炎の治療では、歯冠部だけでなく歯根面の歯垢や歯石の除去が必要になります。ブラッシングによるプラークコントロールと付着した歯石の除去及びルートプレーニングを行います。

【1】初診時全顎にわたる軽度の歯周炎でした。写真は、下顎前歯部唇側の歯間乳頭部歯肉の軽度の腫脹と辺縁歯肉の退縮が認められます。歯周炎の処置と歯頚部の充填物の研磨を行い患者さまの希望により一端終了しました。

【2】【1】の写真から 1年8ヶ月後の状態です。歯肉の状態は以前より腫脹し発赤がありました。再度ブラッシング指導とスケーリングルートプレーニングを行っています。

【3】5ヶ月後の状態です。歯肉の腫脹、発赤はなくなりました。歯肉の退縮の程度も減少してきました。

【4】メインテナンスに入って約2年後、歯肉の状態はさらに安定し、退縮した歯肉も回復しつつあります。

歯周炎は治療後一時的に良好な状態になっても、定期的な健康管理(メインテナンス)をしていかないと再発しやすい病気です。この症例でも治療によって回復した歯肉が、メインテナンス中断により歯周炎を再発してしまいました(写真2.の状態)。

歯周病が再発しない安定した状態となり、退縮した歯肉が回復してくるには、歯周治療後の年単位のメインテナンスが必要です。

重度歯周炎の治療、歯周組織再生治療

重度の歯周炎では、深い歯周ポケットの除去とポケット内の歯石の除去のために、歯周外科処置が必要になります。
また修復物と歯周組織との関係を良好に保つために、歯周外科処置を行うこともあります。
歯周組織再生治療とは、失った歯槽骨を特殊な薬剤や膜を用いて再生させる治療方法です。

歯周病の治療についてもっと詳しく知りたい方はこちら

予防治療について

今までの歯科治療

  1. 今までの歯科治療は、むし歯になってしまった歯を削ってつめたり、冠をかぶせたりといった対症療法的な治療の繰り返しが中心でした。
    その結果、歯は削られて小さくなり、残った歯質も弱くなります。"歯を削る回数が多いほど歯の寿命が短くなる"といっても過言ではありません。やがて抜歯となり、取り外しの入れ歯やブリッジを早期に入れることになってしまいます。
  2. 歯は削らないことが最善です。歯と修復物の境目は細菌がたまり、むし歯や歯周病になりやすくなります。
  3. 歯髄(歯の神経や血管などの軟組織)を除去しないことは重要です。歯髄が失われると歯が欠けたり、折れやすくなります。(強い痛みがある時は、残念ながら歯髄を除去しないといけません。)
  4. 歯はできるだけ抜かずに済ませたいところです。抜歯部位にブリッジや入れ歯を入れると修復物が大きくなり、費用もかかります。また再治療の可能性が増えていきます。

むし歯予防のために

  1. 砂糖の摂取を少なくして、何でも良く噛んで食べましょう。
    唾液はむし歯や歯周病の予防にも効果的です。
  2. 食べたらブラッシング、特に就寝前はていねいに時間をかけましょう。
  3. 歯の表面を硬くするフッ素の使用と定期健診が重要です。
  4. 自分の歯にはどんな修復物もかないません。
  5. 予防することで、治療費用も治療時間も節約できます。

歯周病予防の必要性

  1. 歯周病になってしまうと治療期間が早くても2〜3ヶ月、重症な場合は6ヶ月以上かかることもあります。
  2. 歯肉が退縮するとブラッシングが難しくなり、知覚過敏、歯根面のむし歯や歯周病の再発をまねきます。
  3. 歯の動揺があり上手く噛めない場合は、むし歯でなくても歯を削って連結固定する必要がでてきます。
  4. 歯周病予防のために、1〜4ヶ月毎のメインテナンス(定期健診と口腔清掃)しましょう。

全身疾患予防には

  1. 何でも良く噛み、腹7分目。(唾液は咀嚼や消化を助けます)
  2. お酒はほどほどにしましょう。
  3. 喫煙は体の治癒力を低下させ、歯周病の大きなリスクとなります。
  4. 精神的、肉体的なストレスをできるだけ少なくしましょう。
  5. 定期健診と体のケアが大事です。

何事も予防に勝るものはありません。
歯科医院へ来院されるのは治療のためでなく、"定期的にきれいになり、予防するため"が最良だと考えています。

歯の修復(詰め物・かぶせ物・インプラント)

むし歯の治療

むし歯は、むし歯菌の作り出した酸によって歯質が溶かされて穴が開いている状態で、この中には細菌が大量に存在しています。当院では、むし歯検知液を使いながらていねいに細菌と感染歯質を除去し、歯髄(歯の神経)を保護したうえで、強度のある修復を行います。
色調が歯に近いプラスチック修復とセラミック修復、強度がある金属修復(金合金、銀合金)があります。

歯髄(しずい)を保護する治療の必要性

歯の内部にある歯髄は血管、リンパ管、神経や結合組織で構成されています。歯にとっては大切な組織ですが大変弱い組織です。細菌感染などで強い疼痛がおきると回復がむずかしくなり、多くの場合歯髄を除去して根管治療が必要となります。

しかし、治療後おきる根管充填後の根尖病変の発現、歯根破折などのリスクで歯質や歯を失うことを考えると、可能な限り歯髄を残して修復することが望ましく、その後の歯の健康にとっては大変有利になります。

当院では歯髄覆罩(感染歯質を除去し薬剤などで歯髄を保護し窩洞を封鎖すること)を積極的に行っています。

歯髄覆罩のすべてが成功するわけではありませんが、少しでも成功率を上げるよう工夫をしています。

その一例を示します。

歯髄覆罩症例1

【1】歯の歯髄まで感染歯質(赤く染色された部分)がせまっていて、この部分を全て除去すると歯髄が露出してしまいそうです。

【2】このような時、感染歯質を消毒し、水酸化カルシウム製剤を貼付することで象牙質の形成を促進させ、露髄を可能な限り避けるようにしています。

【3】歯の内部への刺激や汚染を遮断するために、薬剤を窩洞内に貼付し、その上から接着剤と埋立剤にて窩洞を封鎖します。この作業を2ヶ月に1回繰り返します。

【4】約4ヶ月後の状態です。若干歯髄が露出していますが、感染歯質は完全に除去できました。再び無害な接着剤と埋立剤にて窩洞を封鎖し、修復に入ります。

 

【5】初診時と4.の状態のレントゲン写真の比較です。根尖部の異常がないことを確認して修復しています。

根管治療

歯髄(歯の神経)を除去してしまった歯の治療です。歯の中は複雑に枝分かれした構造をしていて、難しい治療の一つです。当院では、歯科用CTと20倍まで拡大できるマイクロスコープを用い、可能な限り精密に治療を行います。

ラバーダム
マイクロスコープで拡大中の根管治療です。拡大すれば第4根管の発見や根管内が詳しく観察でき、治療の精度が上がります。当院ではラバーダムを常に行い、根管の唾液からの汚染を防いでいます。

レントゲン写真
根管充填を行い、修復を行った後のレントゲン写真です。

根管
マイクロスコープで拡大中のむし歯治療です。歯の歯髄(神経や血管など)がうっすらピンクに見えています。拡大することで、慎重に処置することができます。

根管
治療終了時です。歯髄を保護する薬剤とプラスチックで封鎖しました。

支台築造

歯髄を除去し失活歯となった歯は、歯根破折しやすい状態です。当院では根管治療後サンメディカル社製のファイバーポストシステム、i-tfcを使用し支台築造を行い歯根破折の防止に努めています。

pagetop