歯の豆知識

歯科用CT

【むし歯の治療】【修復物】【歯周病の治療】

歯科用CTは近年開発された歯科専用のCT装置です。主にインプラント治療、親知らずの抜歯、顎関節の診断、歯周病の根分岐部病変の治療や、歯の根管治療に用いられます。

三次元の高画質画像を用いることで、従来のパノラマX線写真や口内法X線撮影法では見られなかった病変の発見や、症状の解析・治療に役立ちます。

CTとは、Computed Tomographyの略で、コンピュータを使って断層写真を得ることができます。1970年代初頭に開発され医科において多く使用されてきました。 歯科の場合はさらに細かく明瞭な情報が必要なため、歯科用CTが開発されました。

デジタル処理の発達によって短時間のX線照射で被爆線量を抑えこみ、歪みの少ない画像を観察することができます。

CTが変えた歯科治療

pagetop